トロ社では、従業員が最大限の自己実現を達成することができるよう、従業員が人として、またプロフェッショナルとして成長してゆくことができるようなプログラムやプロセスあるいは経験の場を作っていくことが義務であると考えています。従業員が自己のスキルを常に向上でき、また、新しいスキルを身につけることによって自己のキャリアの中で競争力を維持し続けると共に企業としてもまた成長し続けることができるように努力をしています。こうしたことから、持続的な自己教育のための機会の提供と、そうしたプログラムへの参加に際しての財政援助を行っています。

  • トロでは、それぞれの従業員が学びを継続すること、そして、それぞれの中心業務に関連のあるスキルを向上させていくことを重要目標に掲げています。

  • トロ社では、「他人から学ぼう」、「行動で学ぼう」、「教えることで学ぼう」というように、従来のトレーニングよりも幅の広い感覚で学びをとらえ、各自が学びを体験していくことを重要視しています。

  • こうした学びを支援する取り組みとして、トロでは、オンラインによる自己開発計画に投資を行っています。

  • また、従業員が継続的な学習を行う場合の学資払い戻しプログラムがあります。

  • トロ社では、また、将来のリーダーを育成するためのコースも運営しています。これはリーディング・パフォーマンス、リーディング・ピープルと呼ばれています。またスキルを教えるだけでなく、ひとりひとりに目標を設定し、成果を管理し、収入を計画的に配分し、才能を引き出すといった人材管理の指導も行っています。