emission reduction

 

米国環境保護庁(EPA)やカリフォルニア州大気資源委員会(CARB)が定める米国国内向けの排ガス規制に加え、ヨーロッパ連合が定める欧州地域における排ガス規制に沿った適切なエンジンを製品に搭載できるように、トロ社では、エンジンメーカー各社と協力して努力を続けています。

  • 米国環境保護庁(EPA)の Tier 4 排ガス規制は、出力が25-74hpのオフロード用ディーゼルエンジンが対象として含まれており、2013年1月1日から施行されています。この規制は、エンジンの排ガスに含まれる微粒子の量を90パーセント減らすことに加え、チッソ酸化物についてもこれまでよりも厳しい低減を要求しています。
  • こうした規制に沿った製品を市場に送り出すことができるように、トロ社では、ヤンマー・アメリカとの協力による Tier 4 適合エンジンを使用しています。

ガソリンエンジン搭載機器:

  • オフロード用の小型ガソリンエンジンを対象とした EPA のフェーズ 3 排ガス規制は2011年から2012年に掛けて施行され、現在では、排気ガス中の水素の量は以前よりもおよそ 35 パーセント少なく、また、揮発性ガスについてはおよそ 45 パーセントの低減が達成されております。
  • トロではEPA および CARB が規定しているガイドラインに合わせて、トロ社の製品では燃料ラインや燃料タンクを浸透性の低い素材に変更する、燃料キャップを密閉タイプのものに変更する、カーボンキャニスタを搭載するなど様々な対応を行っております。