• センサー設置後、直ちにプレーを再開できます。
  • 1コースあたり、500個までのセンサーをサポート可能です。
  • リピーターは通常条件では 1,524 m ごとに設置し、センサーからの距離(見通し距離)が 152.4 m 以内になるようにします。
  • ネットワーク構成やエラーからの回復はすべて自動

トロのターフガード無線土壌モニタシステムは、コースの地下で何が起こっているかを把握して、確かなデータに基づいて管理作業の調整をタイミング良く行うことのできる革命的な技術です。

View Larger
無線ネットワーク

リピーターとセンサーとの間に電線を全く使用しない無線仕様ですから、必要な場所のどこにでも、プレーを邪魔せずに取り付けることができます。また、電線も配線溝の掘削もなしで無線でデータ収集できます。

View Larger
塩分の蓄積を監視し定期洗浄を助けます

塩分の蓄積状態を、カンや経験ではなく実測で確認できます。土壌洗浄によって塩度が実際に低下したことも、きちんと確認できます。いつ、どの程度の洗浄をするかの計画を立てやすくなります。

  • 電源
    リピーター入力:(02A @ DC 6 V); ベースステーション入力:(1A @ AC 120 V, 50/60 Hz)
  • 寸法
    ボディ:50 mm x 92 mm x 156 mm;スパイク:44 mm x 5 mm
  • 通信方式について
    900 MHz ISM 帯 FHSS
  • 作動温度
    0°C-60°C
  • 検知
    0.6°C(地温)、0.1%(土壌水分) 0.1 dS/m(土壌塩分)
  • レンジ
    リピーターのレンジ - 1.524 m、埋設されたセンサーのレンジ - 152 m
  • 無線レインセンサー
  • 取り付け穴
    直径 108 mm
文書 タイプ 言語
Product Literature Turf Guard® Soil Monitoring System – Catalog Page English PDF
Product Literature Turf Guard® Soil Monitoring System – Sell Sheet English PDF